整備士しげるです。事故車は事故車買取専門店にいけば売れるのに、お金払って処理しているお客さんがあまりにも多く、このページを作りました。事故車買取専門店は大阪・東京・名古屋などの都市だけではなく、日本全国にあります。しっかりとした手順を踏めば、事故車はわりと高値で売れますので、あわてて売らないようにすることをおすすめします。地元のディーラー、整備工場に引き取ってもらうのはおすすめしません。損しますよ。

実際に事故車を買い取ってもらう際の流れ

2017/11/27

事故車を実際に売却する場合、まずは事故車専門の買取業者に査定を依頼することから始まります。
この時、どこか1つの業者だけに査定依頼を出すのではなく、できるだけ多くの業者に依頼するようにしましょう。

事故車を査定してもらうときは同時に業者を呼ぶというのは、より高値で売却するためには欠かせない作業です。
1社のみにしか査定を依頼しなかった場合、事故車の価値について知識を持たない一般人では業者の言いなりで売却してしまう可能性が高いです。

これでは損をしてしまうので、多くの査定を取ることで自分の車の市場的な価値を知り、損をすることなく高値を付けてくれる業者を選ぶことができます。

一括査定では簡易査定もできますし、実際に車を査定士に見てもらって精度の高い査定結果を得ることもできます。まずは簡易査定の依頼を出し、車の年式や損傷具合、走行距離やグレード、修理代金など詳細な情報を伝えるようにしましょう。

これによってある程度の買取価格を出すことができ、取引しても良いと思えれば出張査定を依頼します。出張査定は基本的に無料で行ってくれますが、遠隔地や繁忙期などは交通費や実費などを請求されることもあるので事前に確認しておきましょう。

出張査定で実際に車の状態を見てから本査定額が提示されるので、納得できれば正式に売買契約を交わすことになります。この時、高値を勝ち取るためには査定士との交渉方法に工夫する必要があります。他社と同時に査定に来てもらって競合させるのが最も効果的なので、できるだけ日時を調整して同じ日に来てもらうようにしましょう。

契約では、事故車を売るのに必要な書類がいくつか必要になるので、業者から依頼された書類はできるだけ早く準備するようにしましょう。基本的には車検証や自賠責保険証、自動車税の納税証明書、住民票のコピーや本人確認書類、リサイクル券などが必要となります。業者によってはそれ以外にも提出を求められるケースがあるので、契約前に確認しておくと良いでしょう。

納税証明書はいつの間にか紛失していることも多く、再発行してもらうとなると時間がかかってしまいます。スムーズな取引ができないので、取引を急いでいる場合は事前に再発行手続きを行うことが大切です。

無事に契約を交わしたら、いよいよ車を引き渡すことになります。買取業者が車を受け取って様々なチェックが済んだら、契約した査定代金が所定の金融機関に振り込まれます。廃棄にした場合の手間と必要経費を考えれば売却したほうが得をすることがほとんどなので、積極的に査定を申し込んでみてください。

カーネクスト
事故車を売ろうとしたらまず最初にネクストに査定に出してください
0円以上買取保証なので、少なくともマイナスにはなりません。
独自で海外に販売網をもっているため、買取額が廃車代行業者に比べて高額です。
参考までに10万キロ以上のキャラバンの事故車(後部へこみ)の査定金額が35万円ぐらいです。
修復歴ありの車や、フレームが歪んでいる事故車も買取OKなので、まずはお客さんにはここをお勧めします。
買取金額が高いだけではなく、いろんなめんどくさい作業もほぼほぼ全てやってくれるので、使い勝手がいいです。
レッカー移動もしてくれるので、事故ったらまずここに、という感じです。
事故車買取
修復歴有り
対応エリア
日本全国(離島は一部不可)
申込方法
査定フォームから
買取対象車
事故車・不動車・廃車予定車・車検切れ
備考
買取業者なので査定額が高い
タウ
ネクストとの価格比較に使う
海外独自の販売網をもっているらしいのですが、買取額は意外と安めです。
ただ、数少ない事故車買取専門店なので、ネクストと同時に査定してもらって、お互いの値段を相手方に伝えて、限界まで値段を釣り上げるのに使います。
ただ、買取額はだいたいネクストのほうが高いです。
本当に動かなくなった不動車の場合は、たまにタウが勝ちます。特に新品、年式が新しいものはタウが高い傾向があります。
逆に年式の古いもの、過走行車などはネクストに軍配があがります。ただ、比較することで、値段はあがるので、1箇所に見積もりを出して、そこで決定というのは辞めた方がいいです。あとで、値段を変えてくることもありますので。
あと水没車OKなのも、他ではあまりないです。使いようです。
事故車
修復歴有り
対象エリア
日本全国
査定の流れ
オンライン無料査定で写真送信、後の無料出張査定
対象車
事故車、故障車、不動車、水没車
引き取り方法
レッカー引き取り無料
廃車ラボ
スクラップ業者。最悪0円。還付金は戻ってきます。
買取業者というよりは廃車代行会社であるため、買取わけではなく、廃車の代行で様々な手数料が無料で、かつ税金や自賠責の還付をするというショップです。 還付金だけでも5万ぐらいにはなるので、普通にお金払って、整備工場やディーラーに出すよりは割安です。 ネクストと、タウが引き取ってくれない場合、ここにお願いするといいでしょう。 引き取ってくれないということはほぼほぼないです。
事故車
修復歴あり
対象エリア
日本全国
依頼フォーム→引取(査定はなし)
対象
不動車・放置車・事故車、他、ほとんどの状態の車はOK。
引き取り方法
レッカー引取無料
ガリバー
意外と知られていないがガリバーも事故車買取はしている
意外と知られていませんが、ガリバーも事故車の買取をしています。修復歴ありの車も大丈夫です。ガリバーはクレームガードという後から値段変更を行わない保証がありますが、実はこれはあまり当てにはならなかったりします。値付けは他のところより安い傾向がありますが、あとから値段変更をすることがあまりないので、まぁ、大手の安定感はあります。 事故車の買取値段については、上の4つより安いですが、たまになぜか高いのがあります。特に新しめのものは、ここで一度、査定してもらうといいかもしれません。
事故車
修復歴有り
対象エリア
日本全国
査定の流れ
ネットで申し込み概算査定、その後、持ち込みまたは引き取りにて査定
買取対象車
事故車、修復歴有り車、水没車、不動車
引取方法
レッカー引取無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

事故車買取の相場を知る

事故車は売れます。そのことをまず知っておかないと、安く買い叩かれる、または、お金を払って引き取ってもらう羽目になります。鉄の塊なのですから、最悪、鉄代として売れるのです。ましてや、事故にあっていても使えるパーツはたくさんありますので、パーツに分解して売るだけでも5万、10万は確実にいきます。

損をしない為に、まずは事故車の買取相場を知っておいてください。事故車を買い取っている業者、何社かに見積もりをだしてもらい、だいたい平均して幾らぐらいなのか、知っておくとよいです。

間違っても地元のディーラーや、整備工場などに引き取ってもらわないこと。確実に損します。

事故車を高く買い取ってくれる業者
カーネクスト
タウ
廃車ラボ
ガリバー